My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
薬の経過
2005/11/29
SNRIを4ヶ月内服中(25mgから開始、150mgまで増量)
・脳の過回転・情動の不安定・意欲の向上・多幸感・不眠(強い覚醒)
があった。

10/25~10日間
SSRI(デプロメール50mg)とSNRI75mgを内服。
この時期はとくに違和感は感じず。

11/4~2週間
SSRI(デプロメール100mg)を内服。SNRI中止。
ノルアドの作用がなくなり症状激変。
・過眠・意欲低下・集中力低下・思考能力低下
一日起きていられるのは6時間程度となる。

11/18~
SSRI(デプロメール50mg)と三環形(アモキサン25mg)内服中。
再度ノルアドの効果あり、意欲・集中力・思考能力向上、過眠は改善されている。しかし、情動の部分では不安定で、安定剤を自己管理で少し増量して様子をみているところ。


以上より、
①セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬では、ノルアドレナリンの作用で確実に生体の急性反応が高まる。
これは躁的状態に近いと感じたが、発症する前の自分と同程度のテンションだったのかもしれない。
ただ、セロトニンの作用がSSRIに比べてかなり劣るため、情動的には安定しない。
現在処方基準量が100mgといわれているにも関わらず、100mgでは効果が出にくく、150mgまで増量することにより、更に情動と脳の過回転のバランスが悪くなり、安定剤の内服が必須となる。

②選択的セロトニン再吸収阻害物質は確実に情動の安定に効果がある。
私の場合、SNRIからの突然の変更であった。
ノルアドレナリン調節機能を薬に頼っていたため、脳がうまく反応せず、急な意欲・集中力・思考能力低下が認められ、過眠がひどい。
しかしこの時期、安定剤に頼らずとも不安定になることはなかった。
SSRIのみ内服している方が効果が実感できないというのは
違い、私は明らかな効果を実感した。
SSRIは情動面を確実に安定させてくれている。

③三環形うつ病・うつ状態治療剤
再度軽くノルアドレナリン作用を復活させるために内服開始となったのであろう。
過眠は改善された。
SSRIも合わせて内服しているが、前週よりも減量されているためか、情動が安定しなくなってきている。
また安定剤を定期的に内服するようになった。

SSRIで時間をかけて安定剤も最小限に、減量を焦らずゆっくり治すか。
SNRIで活力を一気にあげ、安定剤とセットで内服し続ける覚悟で社会復帰するか。
三環形を取り入れてSSRIとのバランスをとり、時間をかけて自分に合う薬を模索するか。

どれがいいのでしょうか。
とにかく薬がコロコロ変わると、薬の効果が体でわかるということ、症状の変化も著しく楽ではないことだけは確かです。
スポンサーサイト

TR(0) | CM(0) | | Page Top
カテコールアミンとコルチゾールの関係 | HOME | カテコールアミンの内訳
Wonderful Comment Entries.
Please Leave a Comments Here.














管理者にだけ表示を許可する

URL for Track Back of This Entry.
Track Back Entries.
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。