My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
うつ病とは・・2
2006/01/23
今更ですがずっと忘れていたので、初心に戻ってうつ病について記述したいと思います。

うつ病は、情動面の障害が持続する障害で、個々のエピソ-ドの発症にはストレスとなる出来事または状況が関連していることが多い。
主要症状は抑うつ気分で、このほかに不安・行動面の制止・思考の制止・自責感や卑少妄想、不眠・頭痛・食欲不振・性欲低下などの身体症状がある。

鬱病の原因や薬効原理は解明されていない。
ただし、死後、脳および脳脊髄液中でのセロトニン(神経伝達物質のひとつ)代謝産物が低下していることから、 脳内の神経伝達物質であるセロトニンの濃度が低下している事は事実として確認されている。
これは選択的セロトニン取り込み阻害薬の薬理機序だと考えられている。
他にも心的外傷後ストレス障害と同様に神経細胞自体に物理的な破壊が起こっている。
また、セロトニン以外にもノルアドレナリン、ドパミン(ドーパミン)等の機能低下、コルチゾール系の分泌異常、海馬の異常、前頭葉・帯状回の血流低下など様々な生物学的要因も提唱されている。


うつ病発症の主因により次の4つに分けられる。
1)内因性うつ病
素質的要因(内因)が発病に関与する程度の大きいと考えられているもの。
遺伝的要因の上に長期間の環境的要因の加重された発病準備状態を指すものと解される。
抑うつ感が主症状で、多少なりとも自責感・自殺観念・早朝覚醒型の睡眠障害があり、抑うつ気分の日内変動がみられるのが特徴とされる。
2)反応性うつ病
抑うつ状態の発症と、それ以前に時間的に比較的近い時期にあった心理的事象が因果関係をもって結びつくと考えられるもの。
うつ状態の持続は原則として一過性で、症状の上では悲哀・抑うつ・抑制が主で、不安・焦燥・身体症状は目立たないのが普通である。
原因となった体験が消失したり、時間が経つと抑うつ気分変調も回復することが多い。
3)神経症性うつ病
発症に慢性ストレスなどの心理的要因が大きく関与していると考えられるもの。
非内因性の心因性うつ病に相当すると考えられているが、学者によって意味するところがかなり異なるあいまいな概念である。
内因性うつ病に比べて若年性の発病が多く、症状は浮動的で環境の変化を受けやすく、自責感よりも他罰的傾向が強く、睡眠障害などの身体症状の訴えが少なく、日内変動に乏しいなどの特徴を有する。
4)症候性うつ病
脳以外の身体部位の疾患の経過中に発現するもの。
身体的基礎疾患としては、膠原病・医原性、肺・肝・腎疾患による機能障害、内分泌疾患、出産などがあげられる。
身体基礎疾患の経過とともに変化し、症状は意識障害を中核とし、不安定で、一過性、可逆性であることが多い。

1)内因性うつ病の補足として、うつ病にかかりやすい性格としては、責任感が強く、律気で、プライドが高い、こだわりのつよい執着的性格があるといわれていて、これは研究者の間で一致した意見である。

うつ病の治療の基本的方針としては、
1)休息(仕事を離れて入院または家庭で静養)
2)服薬
3)自殺予防
4)小精神療法(そのつど、支持を与える)
5)不眠や食欲不振への対症療法
が挙げられる。
スポンサーサイト

TR(0) | CM(1) | うつについて | Page Top
自己カウンセリング6 | HOME | 診断テスト
Wonderful Comment Entries.

勉強になります。
ところで、
>>他にも心的外傷後ストレス障害と同様に神経細胞自体に物理的な破壊が起こっている。

というのは、死後の脳の中身の観察報告なのでしょうか、それとも、生きている人間の脳の中身の観察報告なのでしょうか。
もしお分かりになれば、教えてください。

もし後者なら、すでに、うつ病によって私の脳細胞が物理的に破壊されている可能性があるんだなあと、知識の一部となりそうです。

脳細胞の破壊は、不可塑ですよね?。

まあ、脳細胞はいっぱいあるからいいやという考え方もありますが。

BY: nichinichiso URL(2006/01/26 06:19) / #cBQwumaU [ 編集]

Please Leave a Comments Here.














管理者にだけ表示を許可する

URL for Track Back of This Entry.
Track Back Entries.
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。