FC2ブログ
My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
看護過程(#1)
2005/11/26
認知療法の本の目次に「ストレスに気付こう・問題をはっきりさせよう」と書いてある。
自分なりに考えてはいるけれど、文字にして残しはいない。
看護過程を思い立ち、自分で自分を診断してみることにした。
私が学生のころの古いハンドブックを参考にしているので、今の看護過程とは違うので悪しからず。




#1 無効な個人コーピング
〔情報(S・O)〕→〔解釈、正常・異常の判断〕
  (面倒だから一気にやる)
S-1)予測ができない出来事に対応できず混乱してしまう。
 →予測外の出来事がストレスとなり、コーピングできていないものと考えられる。
S-2)なかなか辛い、助けて欲しいと言う機会がない。
 →O-6)より援助を求める相手がいない訳ではないが言えずにいると考えられる。
S-3)今までのように家事や外出ができなくて自分が情けない。
   状態が安定せず、いつになったら活動力と意欲が戻るのか不安。
 →現状において、自己に対する否定的な考え方をもっている。
  また、生活パターンの変調に不安を感じていることがわかる。
S-4)自分の考え方をみつめればみつめるほど、わからなくなるときがある。
 →自分で考えるにあたり、問題解決に行き詰まりを感じていることがわかる。
S-5)どのような考え方や治療が、今の状態を改善するのかはっきりとわからない。
 →治療法に対する不安があることがわかる。
S-6)日々の体力・精神力にむらがあって辛い。
 →体調が一定しないことに対して苦痛を感じていることがわかる。
  生活パターンが不規則になる原因とも考えられる。
S-7)認知療法は効果があるのだろうか?
 →精神療法に関して不安を感じている。
O-1)自ら受診し7月より鬱状態と診断され内服治療・精神療法中、欠かさず通院している。
 →治療に対しては積極的に取り組んでいる。
O-2)睡眠のパターンは安定しておらず、不眠→過眠に移行しつつある。
 →症状の変化がみられている。
O-3)鬱病や認知療法、共依存などについてできる範囲で勉強している。
 →現状をみつめようと努力はしているようである。
O-4)引きこもりの時期と比較すると、外出の機会が増えてきている。
 →外出恐怖に関しては改善傾向にあるものと思われる。
0-5)外出時は、笑顔が多くよく話す。楽しめている。
 →外出は気分転換に有効であるようだ。他者に関わることでのストレスは大きくないと思われる。
O-6)キーパーソンは旦那。家族、友人とも連絡をとっている。
 →援助を求める相手が存在する。

〔5視点の整理〕
1)症状・徴候
 コーピングできていないことを言葉に出してあらわす。
 不安の訴え

2)関連因子
 ①精神療法に対する不安
 ②自己に対する否定的概念
 ③持続するストレスに対する生理的徴候(不安定な睡眠・体調)

3)問題の発生時期と経過
 7月よりうつ状態の治療を開始している。 
 内服治療、精神療法をすすめていて改善傾向にあるようだ。
 しかし精神療法(認知療法)に対しての不安が生じている。

4)問題の成り行き
 認知療法に関して、否定的な捉え方をした場合、効果は得られないだろう。
 また自分の思考において、行き詰っている様子があるため、専門家の介入は不可欠である。

5)患者の力
 通院・治療に積極的である。
 自分なりに知識を得て、現状をみつめようと努力をしている。

#診断名
精神療法に対する不安、自己に対する否定的概念、持続するストレスに対する生理的徴候(不安定な睡眠・体調)に関連した無効な個人コーピング

〔GOAL〕
[L-G]
与えられた環境の中で、少しでも生きやすい考え方ができるようになる。
[S-G]
①自己否定的、被害妄想的、感情的な判断をしない。
②他人に意見を押し付けない。
③自分の生活を安定させる。
④家族に過度に依存せず、尚且つ仲良く楽しい関係を保つ。
⑤効果的な気分転換をする。
⑥体力を回復する。
⑦うつ病について学ぶ。

〔O-P〕
①自己否定的・被害妄想的・感情的思考や発言の有無
②他人への発言・提言の内容
③状況に応じた生活における役割を果たせているか。
④家族との関係
⑤笑顔や楽しいという感情があるか
⑥運動量、筋肉量
⑦うつ病の調査をしているか。

〔T-P〕
①認知療法を否定的に捉えず、挑戦してみる。
②自分の思考の癖をみつめなおす。
③他人をコントロールしようという発言はしない。
④その日の調子に合わせた家事をする。
⑤旦那と協力して、治療にのぞむ。
⑥調子のいい日は積極的に家族に連絡する。そのうえで感情の起伏がなければ、Drストップを解除してもらう。
⑦遊ぶ。
 ・バスケ
 ・お酒をのむ。
 ・友人とお出かけ
 ・好きな地域をお散歩
 ・森林浴、温泉療法
 ・沖縄旅行
 ・12月北海道ボードツアー(ムリっぽい)
 ・来年フランス・イギリスツアー(ムリ、多分ムリ)
⑧遊ぶ以外にも、調子をみて運動をする。
 ・散歩
 ・バランスボール
 ・ストレッチ
 ・できれば筋トレ
⑨自分のうつ病について学ぶ。
 共依存・ストレスホルモン・自己カウンセリング
 エニアグラムとコーチングなど。
〔E-P〕
自分では不可能なので、誰か指導してください。
スポンサーサイト

TR(0) | CM(0) | 自己探求 | Page Top
脱愛着 | HOME | ストレスホルモンとは
Wonderful Comment Entries.
Please Leave a Comments Here.














管理者にだけ表示を許可する

URL for Track Back of This Entry.
Track Back Entries.
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。