My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
うつ病とは・・1
2005/12/14
DSM-IV:米国精神医学会による「精神疾患の分類と診断の手引き」によると、大うつ病の診断基準は以下のとおりである。

以下の症状のうち5つ以上が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている;これらの症状のうち1つは、1.抑うつ気分または2.興味または喜びの喪失である。

①ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分
②ほとんど1日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味、喜びの著しい減退
③食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加(例えば、1ヶ月で体重の5%以上の変化)、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加
④ほとんど毎日の不眠または睡眠過多
⑤ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止
⑥ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退
⑦ほとんど毎日の無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感(妄想的であることもある)、(単に自分をとがめたり、病気になったことに対する罪の意識ではない)
⑧思考力や集中力の減退、または、決断困難がほとんど毎日認められる
⑨死についての反復思考(死の恐怖だけではない)、特別な計画はないが反復的な自殺念慮、自殺企図、または自殺するためのはっきりとした計画
⑩症状は混合性のエピソードの基準を満たさない。
⑪症状は臨床的に著しい苦痛または、社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。
⑫症状は、物質(例:乱用薬物、投薬)の直接的な生理学的作用、または一般身体疾患(例:甲状腺機能低下症)によるものではない。
⑬症状は死別反応ではうまく説明されない。すなわち、愛するものを失った後、症状が2ヶ月を越えて続くか、または、著名な機能不全、無⑭価値感への病的なとらわれ、自殺念慮、精神病性の症状、精神運動制止があることで特徴づけられる。
スポンサーサイト

TR(2) | CM(0) | うつについて | Page Top
冷え性 | HOME | 共依存スクリーニング
Wonderful Comment Entries.
Please Leave a Comments Here.














管理者にだけ表示を許可する

URL for Track Back of This Entry.
Track Back Entries.
  • うつと憂鬱の境界線

  • 今日もテンションが上がらない。寒いからなのか、風邪気味だからなのか、ちゃんきんがいないからなのか、うつなのか、なんなのか、よくわからないけど。やる気は起こらなかったんだけど、風邪薬買いに行かないといけないし、食料や飲み物もなくなっ....

    【Stress and Relaxation 2005/12/15 22:33】

  • 【第2回】 うつについて考える ~仮面うつ病(1)~

  • 【第2回】 うつについて考える ~仮面うつ病(1)~

    【Stress and Relaxation 2006/01/05 11:16】

    Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

    ---------------------------------------------------
    Powered by
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。