My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
悪夢
2005/12/08
悪夢とは、急速眼球運動(レム)睡眠の間に、鮮やかで生々しい夢を見て強い不安・恐怖・生命の危険などを感じ、叫びや自律神経の変動を伴い覚醒する現象である。
目覚めたとき、その夢の内容を詳細に思い起こすことができ、意識は清明で、すぐ周囲に適応することができるという特徴がある。
人は少なくとも年に1回は悪夢を経験し、そのなかでも悪夢を高い頻度で見る人の割合は5-10%と言われている。
不信感・疎遠感を持ち自己中心的傾向が強く、精神的なストレスが原因でそれを発散できないひとが多くみるとも言われる。
治療としては、ストレス・トラウマの軽減させるための精神療法、レム睡眠時間を減少させるための睡眠薬内服が挙げられている。
日本神経学会治療ガイドラインによると、悪夢に対しては眠前の非定型抗精神病薬の服薬が有効とある。

ということを前提とすると、私の場合うつ病の睡眠障害がストレスや疲労により強くなり、レム睡眠が長くなって悪夢をみるのだろう。
4ヶ月の間に数回しか悪夢をみていないが、覚えているのは7月の抗うつ剤開始時でストレスが強いときと、最近のバスケをして疲れきったとき。
睡眠薬内服とストレス回避、疲労度のコントロールでどうにか解決できそうである。
うつ病の経過のなかで悪夢をよくみるという文献をみつけることはできなかったが、この噂は抗鬱剤や安定剤・睡眠薬の減量と関連したうつ病患者の認識なのだろう。

ただ悪夢について調べたいだけだったのに、途中で睡眠のメカニズムに興味をもってしまい、かなり遠回りをしてしまった・・・。


参考ソース
http://www.suimin.net/medical/word/word_a003.htm
http://homepage2.nifty.com/sleep/SDC4-0.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec23/ch269/ch269e.html
http://akatan.cool.ne.jp/huminsyou.htm
http://www.neurology-jp.org/guideline/
スポンサーサイト

TR(0) | CM(0) | 睡眠 | Page Top
自己カウンセリング2 | HOME | 自己カウンセリング3
Wonderful Comment Entries.
Please Leave a Comments Here.














管理者にだけ表示を許可する

URL for Track Back of This Entry.
Track Back Entries.
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。