FC2ブログ
My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
うつの経過 7
2005/10/31
9月
〔下旬〕
夜中にパニックを起こした妹からの電話は週に1回のペースでかかってきた。
とりあえず妹の逃げ場になれるように、自分は倒れず踏ん張って立っていようと思いながら電話を受ける。
毎回、命は大事にしなきゃだめだ、とにかく辛くても眠れなくても朝を待て、朝になったら電話かメッセで話そう、と決まりきったことしか言ってあげられない。
そしてついに9/21、妹の「死のうとした」という言葉に過剰反応を起こす。もう私にはどうにもできない、この子を失ってしまうかもしれない、どうしようどうしよう・・・。
電話の向こうとこちら側で、妹と同時に私もパニックに陥っていた。

  同日の夢 ~日記より~
 妹と買い物をしているが、お互いに欲しいものがうまく探せない。
 私と妹では欲しいものが違うのにいっしょに探そうとしてもうまくいかない。
 ずっとくっついて行動はできないのかなぁ、困ったなぁ。

9/23
同じく鬱病を患う友人に会い、心のうちをすべて話す。
私よりも闘病期間の長いその友人は、私に的確なアドバイスをくれた。
かなり力になった。
  ~日記より~
 自分が少し回復しなければ、妹を抱えることは出来ない。
 情けないけれど、これが私の現状だ。
 現実をみつめて、向き合うしかない。
 さて、どうしていこうか・・・・。

この日を境に日記の内容が変わってきた。
 ・「自分」「生きる」という言葉、前向きな文章が多くなる。
 ・毎日小さな目標をたてて実施する。
 (その日できなくてもよし、いつかできるようになればよい。)
 (例)辛いときは休む、できるだけきちんと食事をとる。
    パソコンは座ってやる。(←これ、自分でも笑える)
    人に依存しない。  などなど
やっと、自分の生活を自分自身をみつめることができるようになってくる。

9/27 受診日
症状悪化のため、トレドミンが6錠に増量。
家族からの連絡で自分が辛くなる内容はシャットダウンする環境をつくるよう指示される。
帰省にDrストップがかかる。
「そろそろあきらめて、自分をきっちり治しましょう。」と。

家族と距離を置くことになるのは、体の一部をもぎ取られるようで辛かった。
妹も両親も見捨てられた気持ちになるだろう。
私が治ったとき、果たしてわだかまりなく距離を縮められるのか。
私は寂しさに耐えられるだろうか。
いろいろ考えたが、いつかお互いを苦しめず支えあえるようになるため、勇気を振り絞り家族と距離を置かせてもらうことに決める。

そして鬱病生活のLongGoalを決める。
与えられた環境の中で、少しでも生きやすい考え方ができるようになる。
スポンサーサイト

TR(0) | CM(0) | うつの経過 | Page Top
私信 | HOME | 義足
Wonderful Comment Entries.
Please Leave a Comments Here.














管理者にだけ表示を許可する

URL for Track Back of This Entry.
Track Back Entries.
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。