FC2ブログ
My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
うつの経過 5
2005/10/19
8/5 3回目の受診
前日に出掛けていたため疲労が残り、調子が悪い。
タクシーで病院にいこうと家を出るがタクシーがつかまらず、暑さ・診察時間が迫っている・事態に対応できない自責の念・・・いろんな悪条件が重なって路上で過呼吸を起こす。
家族のフォローでなんとか病院に到着。
トレドミンが4錠に増量となる。

8/7 実家に帰省
この期間に妹は入院。
これまでの家族間でのスパイラルダウンに歯止めがかかったという安心と、閉鎖病棟に入る妹の不自由さを思う心苦しさが混ざり複雑な感情だった。
病院のケアワーカーに、「ご家族それぞれが自分の生活の基盤をたてなおして、妹さんが回復したときに心からの笑顔で迎えられるようにしましょう。」とアドバイスをいただき、納得する。
いつでも病院に駆けつけることができるよう実家にいたいという気持ちを押さえ、予定を切り上げ8/17旦那とともに帰宅。

8/26 4回目の受診
トレドミンは増量せず、4錠で様子をみることになる。
ソラナックスは自己判断で減量してもいいと言われる。


8月の半ばから日記を毎日書き始めるが、経時的な記録だけで自分の感情や考えは残っていない。
ほぼ一日中チャットをしていて、週末のみ旦那と外出していた。
家事や散歩をできることに喜びを感じ、調子が悪くできないときには自分を責め、旦那に対しても申し訳ない気持ちばかりで毎日泣いて謝る。
妹を心配して頻回に実家に電話をかけて、疲れている母と話しては泣いてしまう。
とにかく泣いてばかりいたようだ。
自分の生活の基盤に目を向けることはなかなかできなかった。
スポンサーサイト

TR(0) | CM(0) | うつの経過 | Page Top
うつの経過 3 | HOME | うつの経過 4
Wonderful Comment Entries.
Please Leave a Comments Here.














管理者にだけ表示を許可する

URL for Track Back of This Entry.
Track Back Entries.
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。