My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
診断テスト
2006/01/24
どこまで信用できるのかまったくわからないが、私は昨年の10月とつい先日の2回、うつ病診断テストを実施してみた。
結果をそのまま受け止め落ち込む必要はないと思うし、その可能性がある場合は実施しないほうがよいだろう。
あくまでも自己防衛と冷静な判断が必要だ。
でももし、おみくじの大吉を喜ぶように以前と現在の結果を比較してよくなったことを喜び、前向きな気持ちになれるとしたら、やってみる価値はあるのかもしれない。

ということで、私が調べたうつ病の自己診断テストを掲載したいと思う。

more..
スポンサーサイト

TR(0) | CM(0) | うつについて | Page Top
うつ病とは・・2
2006/01/23
今更ですがずっと忘れていたので、初心に戻ってうつ病について記述したいと思います。

うつ病は、情動面の障害が持続する障害で、個々のエピソ-ドの発症にはストレスとなる出来事または状況が関連していることが多い。
主要症状は抑うつ気分で、このほかに不安・行動面の制止・思考の制止・自責感や卑少妄想、不眠・頭痛・食欲不振・性欲低下などの身体症状がある。

鬱病の原因や薬効原理は解明されていない。
ただし、死後、脳および脳脊髄液中でのセロトニン(神経伝達物質のひとつ)代謝産物が低下していることから、 脳内の神経伝達物質であるセロトニンの濃度が低下している事は事実として確認されている。
これは選択的セロトニン取り込み阻害薬の薬理機序だと考えられている。
他にも心的外傷後ストレス障害と同様に神経細胞自体に物理的な破壊が起こっている。
また、セロトニン以外にもノルアドレナリン、ドパミン(ドーパミン)等の機能低下、コルチゾール系の分泌異常、海馬の異常、前頭葉・帯状回の血流低下など様々な生物学的要因も提唱されている。


more..
TR(0) | CM(1) | うつについて | Page Top
自己カウンセリング6
2006/01/11
⑤もし自分を5つの文章で紹介するとしたら、
20の文章の中からどれを選びますか。まず5つを選んでください。次に、それを上位から並べるとどんな順番になりますか。それらの5つの文章は先ほど書いた20の文章の中の何番目に書かれたものから選ばれているでしょうか。


20.私は早くうつ病を治したいです。
4.私はひとと話すのが大好きです。
9.私はひとにどう思われているのかとても気になります。
6.私は素敵な友人に囲まれています。
2.私は看護師の資格をもっています。

の5つを選びました。
半分は10番以内に書かれたもので、あとのひとつは後日気付いて追加したものなので最後に書かれています。


more..
TR(0) | CM(0) | 自己探求 | Page Top
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。