My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
カテコールアミンの内訳
2005/11/30
カテコールアミンはドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンの総称である。
生体内でチロシン(中性アミノ酸)を原料としてドーパ→ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリンに至る経路で合成される。
三者とも脳内神経伝達物質(モノアミン系ニューロン)として存在する。

①ドーパミン
ドーパミン受容体は、運動量の調節、常同行動などに関与する。
腎臓の細胞から細胞へ情報を伝達する局所ホルモンでもある。
神経を興奮させ、快感と陶酔感を与える。
また攻撃性、創造性、運動機能などを調節する働きがある。

②アドレナリン
副腎髄質で産生される副腎髄質ホルモン。
交感神経では産出されない。
α作用により血圧上昇、β作用により心収縮力の増大、心拍数の増加などを生ずる。

③ノルアドレナリン
交感神経で合成・分泌される。
交感神経の伝達物質。
アドレナリンとほぼ同程度のα作用があるが、β作用はかなり弱い。
β1作用(心拍と心収縮力の増大、インスリン分泌、脂肪分解促進)よりβ2作用(血管拡張、気管支拡張、腸管平滑筋弛緩)のほうが強く現れる。
神経を興奮させる神経伝達物質。
不安や恐怖を引き起こしたり、目覚め、集中力、記憶、積極性、痛みを感じなくするなどの働きがある。
またストレスとの関連が深く、ストレスがノルアドレナリンの働きを高める。
スポンサーサイト

TR(0) | CM(0) | 脳・神経・ホルモン | Page Top
薬の経過
2005/11/29
SNRIを4ヶ月内服中(25mgから開始、150mgまで増量)
・脳の過回転・情動の不安定・意欲の向上・多幸感・不眠(強い覚醒)
があった。

10/25~10日間
SSRI(デプロメール50mg)とSNRI75mgを内服。
この時期はとくに違和感は感じず。

11/4~2週間
SSRI(デプロメール100mg)を内服。SNRI中止。
ノルアドの作用がなくなり症状激変。
・過眠・意欲低下・集中力低下・思考能力低下
一日起きていられるのは6時間程度となる。

11/18~
SSRI(デプロメール50mg)と三環形(アモキサン25mg)内服中。
再度ノルアドの効果あり、意欲・集中力・思考能力向上、過眠は改善されている。しかし、情動の部分では不安定で、安定剤を自己管理で少し増量して様子をみているところ。


more..
TR(0) | CM(0) | | Page Top
カテコールアミンとコルチゾールの関係
2005/11/26
カテコールアミンは、ストレスによって副腎髄質から分泌され、循環器系の機能を高めブドウ糖や脂肪酸を放出させることで、全身の各臓器の代謝亢進に備えて緊急事態に対応する体内環境をつくるものである。
したがって下垂体からのホルモン支配は直接に受けず、神経の支配を受けている。
緊急時には心臓や脳、筋肉への酸素やエネルギー供給を増加させ、また出血を最小限にとどめるために適した変化をもたらす。
これはもともと敵や獲物に出会った瞬間にすばやく戦闘(もしくは逃避)態勢をとるために備わっている急性の反応(emergency reaction)である。

more..
TR(0) | CM(0) | 脳・神経・ホルモン | Page Top
ストレスホルモンとは
2005/11/26
〔ストレスホルモンの定義〕
一般的にストレスを受けると、カテコラミン(カテコールアミン)とコルチゾールという2つの副腎皮質ホルモンが分泌される。これを“ストレスホルモン”という。

以下、カテコールアミンとコルチゾールについて。
more..
TR(0) | CM(0) | 脳・神経・ホルモン | Page Top
看護過程(#1)
2005/11/26
認知療法の本の目次に「ストレスに気付こう・問題をはっきりさせよう」と書いてある。
自分なりに考えてはいるけれど、文字にして残しはいない。
看護過程を思い立ち、自分で自分を診断してみることにした。
私が学生のころの古いハンドブックを参考にしているので、今の看護過程とは違うので悪しからず。




more..
TR(0) | CM(0) | 自己探求 | Page Top
脱愛着
2005/11/26
共依存者は、依存されているようにみえながら、実際には依存しているのである。
私の場合、妹や母・妹の旦那に頼りにされているようにみえて、実は妹の問題を解決することに自分の存在価値を見出していたように思う。
私が妹の問題に依存していた。
尚且つ、自分を大事にしていないにも関わらず、自分の意見を家族に押し付けていたように思う。

more..
TR(0) | CM(2) | 共依存 | Page Top
共依存とは
2005/11/26
共依存症とは、「治療機関で使用されている専門用語のひとつ」のようだが、明確に定義づけられているものではないようだ。
言葉が出来たのは1979年。
はじめは、アルコール依存症者の身近なひとに起こる身体的・心理的・感情的・精神的な異常を指すものだったようだ。 
その後、アルコール依存症だけではなく対象が拡大していった。
一部の専門家の間では共依存症は病気であるとも言われているようだが、それもはっきりしない。

more..
TR(0) | CM(0) | 共依存 | Page Top
SNRIとSSRI
2005/11/13
SNRI(トレドミン)からSSRI(デプロメール)に薬を変更して、私の中で大変なことが起きている(気がする)。
薬の変更でこんなに苦しむとは思ってもみなかった。

トレドミンを最大処方目安である100mgを超え150mgまで内服していた頃、軽いそう状態を自分のなかに感じることがあった。
睡眠は短時間で十分、行動あるのみと焦り、答えを求めて考え続けていた。
ただ薬によって作り出された活力・意欲に見合うだけの精神力がなく、安定剤を定期的に内服しなければまったくバランスが保てない状況にあったように思う。

more..
TR(0) | CM(0) | | Page Top
感覚
2005/11/09
鬱になってから、すべての感覚が敏感になったと感じていた。
音・光・臭い、いままで気にならなかったことに過剰に反応する。
まるでひとつひとつ言葉や動作を覚えていく子供のように。

でも最近、少し違うと思うようになった。
感覚が敏感になったのではなくて、今まで苦もなく反応できていたことに反応できなくなった状態に敏感になっているだけではないかと。
もともとの力を取り戻すために、ひとつひとつ吸収し直しているのかもしれない。

TR(0) | CM(0) | 症状関連 | Page Top
義足
2005/11/07
ヤフチャで知り合ったひとのブログの記事に、私が鬱病になり、鬱病に対して思うところに近い内容が書かれていた。
鬱病を足のなくなる病気に例えた記事。
http://unco.blog26.fc2.com/blog-entry-228.html#more

more..
TR(0) | CM(0) | うつについて | Page Top
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。