My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
うつの形
2006/04/04
私は病気にはそれぞれ形があるように思う。
「この病気になれば、このデータが狂う。」
「このデータを是正するためには、この種の薬が効く。」
「この治療を施せば、症状の悪化を止められる、改善する、治癒する。」
などといった形だ。
その形は今まで病気になったひとのデータをもとにできてきたものだ。

ではうつ病はどうか?
形はあるのだろうか?

うつ病には様々な症状があり、どの症状が出現するかはひとによって違う。
投薬の効果も一定でない。
予後も様々だ。
治癒するひとがいれば、長く病気と付き合うひとがいる。
悲しいことだが、自分で自分の命を絶ってしまうひともいる。

データを追い、治療をする現場で働いていた私にとっては、こんなにも「実態がない」と感じた病気は(経験が少なく知識がないだけかもしれないが)うつ病がはじめてだった。
ずっと形がないものだと思っていた。

だが最近はうつ病の形を『球体』として捉えるようになった。
正面も裏側もないもので、皆違う方向から『球体』をみつめているようなものなのではないか。
形はあっても、全体像はみることができない。
皆自分の視点からのうつ病しかわからない。
だから、ひとにはうまく説明ができない、完全に理解してもらうことはできない、だれとも比べることができない。

皆に全体像がみえて、データやスケールが通用すれば、苦しみは少し軽減するのかもしれない。
でもそれは現実的に難しい。
自分にみえるうつ病の形を分析し、独自のデータやスケールをつくるしかない。
その努力の先には、穏やかな毎日が待っているものと信じて。


スポンサーサイト

TR(0) | CM(1) | うつについて | Page Top
受容
2006/03/27
昔看護学校で受容の過程なるものを学んだ。
精神科医であるエリザベス・キューブラー・ロスの「死ぬ瞬間 死とその過程について」という本に書かれている内容であり、そのなかでは『死とは生の最終段階であり、死に至るひとが死を受け入れるにあたり5段階の過程を経験する』とされている。
その5段階とは以下の通りである。

第一段階/否認と孤立
第二段階/怒り
第三段階/取り引き
第四段階/抑鬱
第五段階/受容

私はこの内容を学んだときから、死だけではなく、病気や人生における挫折にも応用して考えることができるのではないかと考えている。
悩みがある度、自分が5段階のどの段階にいるかを考え、一歩ずつ進み解決するように、無意識に努めてきた。

more..
TR(0) | CM(2) | うつについて | Page Top
診断テスト
2006/01/24
どこまで信用できるのかまったくわからないが、私は昨年の10月とつい先日の2回、うつ病診断テストを実施してみた。
結果をそのまま受け止め落ち込む必要はないと思うし、その可能性がある場合は実施しないほうがよいだろう。
あくまでも自己防衛と冷静な判断が必要だ。
でももし、おみくじの大吉を喜ぶように以前と現在の結果を比較してよくなったことを喜び、前向きな気持ちになれるとしたら、やってみる価値はあるのかもしれない。

ということで、私が調べたうつ病の自己診断テストを掲載したいと思う。

more..
TR(0) | CM(0) | うつについて | Page Top
うつ病とは・・2
2006/01/23
今更ですがずっと忘れていたので、初心に戻ってうつ病について記述したいと思います。

うつ病は、情動面の障害が持続する障害で、個々のエピソ-ドの発症にはストレスとなる出来事または状況が関連していることが多い。
主要症状は抑うつ気分で、このほかに不安・行動面の制止・思考の制止・自責感や卑少妄想、不眠・頭痛・食欲不振・性欲低下などの身体症状がある。

鬱病の原因や薬効原理は解明されていない。
ただし、死後、脳および脳脊髄液中でのセロトニン(神経伝達物質のひとつ)代謝産物が低下していることから、 脳内の神経伝達物質であるセロトニンの濃度が低下している事は事実として確認されている。
これは選択的セロトニン取り込み阻害薬の薬理機序だと考えられている。
他にも心的外傷後ストレス障害と同様に神経細胞自体に物理的な破壊が起こっている。
また、セロトニン以外にもノルアドレナリン、ドパミン(ドーパミン)等の機能低下、コルチゾール系の分泌異常、海馬の異常、前頭葉・帯状回の血流低下など様々な生物学的要因も提唱されている。


more..
TR(0) | CM(1) | うつについて | Page Top
うつ病とは・・1
2005/12/14
DSM-IV:米国精神医学会による「精神疾患の分類と診断の手引き」によると、大うつ病の診断基準は以下のとおりである。

以下の症状のうち5つ以上が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている;これらの症状のうち1つは、1.抑うつ気分または2.興味または喜びの喪失である。

more..
TR(2) | CM(0) | うつについて | Page Top
| HOME | NEXT
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。