My-DepResSion-PurSued.

私とうつ病について出来る限り掘り下げていきます。
スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
2006/03/20
うつ病の治療については、医師が患者本人に詳しい話をすることを避けるためか、噂話が多くまわっているように感じる。

例えば、

パキシルは自殺願望が高まる。
→これは未成年者の場合。成人にも稀に症状が出ることがあるのかもしれないが、それはパキシルだけが原因でもないだろう。

パキシルは離脱症状が酷い。
→これは最後の10mgを中止した場合に多くみられるらしい。つまり10mgまでの減量では離脱症状が出ないことのほうが多い。パキシルは5mgの錠剤がないために離脱症状が出やすいのだという。10mgを半錠にして内服を続けたのちに中止すれば、離脱症状も少ないという。

SSRIやSNRIはいい薬だ。
→副作用が少ない割りに効果が得られるというだけのこと。決して効果が高い訳ではない。体に合うかどうかもあると思うが、3環形や4環形の古いタイプの薬でも、副作用が少なく効果が得られる場合もあり、その効果はSSRIやSNRIにも勝るという。

ほかにもいろいろあるが、とにかく精神科にお世話になっているわたしたちに流れてくる噂は多い。
その噂を全面的に信じるのではなく、ひとつの情報として覚えておく程度でいいのではないだろうか。
なにより大切なのは、精神科治療において「絶対」はないということだ。
知識に頼りすぎても、知識がなさすぎても、自分にとって負になることがあるだろう。
自分に必要な知識を選択して得て、あまり期待せず諦めず、「適度に」治療に取り組んでいきたいものだ。
スポンサーサイト

TR(0) | CM(2) | | Page Top
セロトニンと睡眠
2005/12/03
私はトレドミン(SNRI:選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)を中止し、デプロメール(SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤)を100㎎内服していたとき異様な過眠に襲われた。
その理由のひとつはトレドミンを4ヶ月内服していたことで、脳がノルアドレナリンを自力でコントロールできなくなっていたと思われること。
事実、アモキサン(ノルアドレナリンの神経終末への取り込みを阻害する作用を持ち合わせる)を内服し始めてからは、過眠になることはなくなった。

もうひとつはのセロトニンの作用。
デプロメールのみの内服としたことで、脳内のセロトニンが増加したことにある。
ではセロトニンは睡眠にどのように関係しているのか。
一般に言われるノンレム睡眠(脳波のサイクルが減っている状態)とレム睡眠(脳波が目を覚ましている状態)のうち、セロトニンはノンレム睡眠に関係すると言われている。
脳のセロトニンが少なくなるとノンレム睡眠が減る。
逆にセロトニンが多くなると、深く眠るようになるのだ。
生体内では、セロトニンは夜間に多く分泌されるホルモンで、メラトニンへと代謝される。
メラトニンは夜間に多く分泌されるホルモンで、眠りを誘う効果がある。

以上の点を踏まえて、
①デプロメールを100mgしか内服していない(服用量は50~150mgとされている)にも関わらず、過眠に陥ったこと。
②デプロメール50mgとアモキサン25mg(服用量は25~75㎎とされている)で情動の変化が少ないこと。
という私の状況を考えると、自分のうつ病は極軽いものといえるのではないだろうか?と最近思っている。



TR(0) | CM(0) | | Page Top
薬の経過
2005/11/29
SNRIを4ヶ月内服中(25mgから開始、150mgまで増量)
・脳の過回転・情動の不安定・意欲の向上・多幸感・不眠(強い覚醒)
があった。

10/25~10日間
SSRI(デプロメール50mg)とSNRI75mgを内服。
この時期はとくに違和感は感じず。

11/4~2週間
SSRI(デプロメール100mg)を内服。SNRI中止。
ノルアドの作用がなくなり症状激変。
・過眠・意欲低下・集中力低下・思考能力低下
一日起きていられるのは6時間程度となる。

11/18~
SSRI(デプロメール50mg)と三環形(アモキサン25mg)内服中。
再度ノルアドの効果あり、意欲・集中力・思考能力向上、過眠は改善されている。しかし、情動の部分では不安定で、安定剤を自己管理で少し増量して様子をみているところ。


more..
TR(0) | CM(0) | | Page Top
SNRIとSSRI
2005/11/13
SNRI(トレドミン)からSSRI(デプロメール)に薬を変更して、私の中で大変なことが起きている(気がする)。
薬の変更でこんなに苦しむとは思ってもみなかった。

トレドミンを最大処方目安である100mgを超え150mgまで内服していた頃、軽いそう状態を自分のなかに感じることがあった。
睡眠は短時間で十分、行動あるのみと焦り、答えを求めて考え続けていた。
ただ薬によって作り出された活力・意欲に見合うだけの精神力がなく、安定剤を定期的に内服しなければまったくバランスが保てない状況にあったように思う。

more..
TR(0) | CM(0) | | Page Top
| HOME |
Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.

---------------------------------------------------
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。